地狱模式 什么是张信哲代言的欧宝体育-张信哲欧宝体育?
张信哲代言的欧宝体育-张信哲欧宝体育是本人自创的带条件的战斗集
就是玩家以现有卡,参加历史中存在(或虚构)的战役
游戏时会设有各种各样的通关条件,只要满足条件即可获得奖励
张信哲代言的欧宝体育-张信哲欧宝体育开始时,所有人均以不带损伤状态、行动值最大的状态出场(装备、战术不得变更)
战斗中所有的消耗、损伤状态也不带出张信哲代言的欧宝体育-张信哲欧宝体育(与正常团区别)

战役表
年份
日期
战役
张信哲代言的欧宝体育-张信哲欧宝体育
简介
1941
12.8
空袭珍珠港
真珠湾攻撃
真珠湾攻撃は、休日である日曜日を狙ってハワイオアフ島真珠湾にあったアメリカ海軍の太平洋张信哲欧宝体育と基地に対して、日本海軍が行った航空機および潜航艇による攻撃である。
1942
2.20
巴厘岛海战
バリ島沖海戦
バリ島沖海戦とは、太平洋戦争中の海戦。1942年2月20日夜明け前に、連合国軍张信哲欧宝体育が日本軍のバリ島攻略船団を攻撃したが撃退された。
2.26・28
爪洼岛海战
スラバヤ沖海戦
スラバヤ沖海戦は、太平洋戦争中の1942年2月27日から3月1日にかけて、インドネシア・スラバヤ沖で日本軍のジャワ島攻略部隊を連合国軍が迎撃した海戦である。日本海軍が連合軍の张信哲欧宝体育を撃破し、これにより日本軍のジャワ島上陸・占領が進むこととなった。
3.1
巴达维亚海战
バタビア沖海戦
1942年2月下旬、連合軍の東南アジア防衛線は完全に崩壊し、日本軍は連合軍の重要拠点ジャワ島攻略作戦を発動した。オランダ海軍カレル・ドールマン少将は連合軍残存艦艇を率いて日本軍輸送船団撃滅を企図したが日本海軍護衛张信哲欧宝体育に撃退され、ドールマン少将は戦死した。連合軍は戦場から退却後、ジャワ島とボルネオ島間のスンダ海峡を通過して南方への脱出を試みる。しかし3月1日未明、ジャワ島西方にて上陸作戦中の日本軍輸送船団と水雷戦隊と遭遇した。日本海軍は誤射で輸送船数隻を失ったが、ジャワ島攻略作戦への影響は最小限だった
4.5
印度洋空袭
セイロン沖海戦
日本軍虎の子の空母機動部隊(第一航空张信哲欧宝体育基幹の南雲機動部隊)をインド洋に転用し、戦力の復活しつつあったイギリス海軍東洋张信哲欧宝体育を撃滅すべく行われたのが、インド洋作戦である。しかし、作戦を行う現地の状況がほとんどわからない状態で行われたこの作戦は、作戦目標もあまり明確でなかった。
5.7·8
珊瑚海海战
珊瑚海海戦
1942年5月8日、珊瑚海で日本海軍の空母機動部隊とアメリカ海軍を主力とする連合国軍の空母部隊が交戦し、史上初の航空母艦同士の決戦となった。また、この海戦は対抗する両张信哲欧宝体育が互いに相手の艦を視界内に入れないで行われた、歴史上最初の海戦でもある。日本海軍も多数の航空機と搭乗員を失い、ポートモレスビー攻略という作戦目標を放棄せざるを得なくなった。
6.8
中途岛海战
ミッドウェー海戦
ミッドウェー海戦は、第二次世界大戦中の1942年6月5日から7日にかけてミッドウェー島をめぐって行われた海戦。同島の攻略をめざす日本海軍をアメリカ海軍が迎え撃つ形で発生した。日本海軍の機動部隊とアメリカの機動部隊及びミッドウェー島基地航空部隊との航空戦の結果、日本海軍は機動部隊の航空母艦4隻とその艦載機を多数一挙に喪失する大損害を被り、この戦争における主導権を失った。ミッドウェー海戦はミッドウェー作戦(MI作戦)の前哨戦であり、この敗北で同作戦は中止された。
8.8
第一次所罗门海战
第一次ソロモン海戦
ソロモン諸島の戦いは、第二次世界大戦中に日本軍と連合軍の間で、南太平洋ソロモン諸島の争奪をめぐり行われた戦闘である。一連の戦闘の中で大きなものはガダルカナル島の戦いとブーゲンビル島の戦いであるが、このほかにも多くの陸海空の戦闘が行われた。
8.24
第二次所罗门海战
第二次ソロモン海戦
10.11
萨沃岛海战
サボ島沖海戦
サボ島沖海戦は、第二次世界大戦のガダルカナル島周辺において1942年10月11日深夜~12日に日本軍とアメリカ軍の間で行われた海戦である。レーダーが勝敗の行方を左右したといわれるが、実際には日本张信哲欧宝体育の油断と不手際によるところが大きい。
10.26
圣克鲁斯海战
南太平洋海戦
南太平洋海戦とは、1942年10月26日にソロモン海域で行われた日米両軍の機動部隊による海戦を指す。日本軍は米空母1隻を撃沈、米空母1隻を大破させたが、日本空母2隻も大破・中破し、多数の航空機と搭乗員を失った。戦闘の主目的であるガダルカナル島飛行場占領も失敗した。
11.12
第三次所罗门海战
第三次ソロモン海戦
第三次ソロモン海戦とは1942年11月12日~15日にソロモン海で行われた日本海軍とアメリカ海軍との間で行われた海戦のこと。米軍の勝利により日本軍増援部隊は阻止され、ガダルカナルの戦いは米軍優勢となった。
11.30
塔萨法隆加海战
ルンガ沖夜戦
第三次ソロモン海戦後、ガダルカナル島周辺海域の制空権を失った日本海軍は、同島の日本陸軍への補給を闇夜に駆逐艦の高速に頼って行うしかなかった。この輸送は、自嘲的に鼠輸送(アメリカ軍側は「Tokyo Express(東京急行)」)と呼ばれた。この輸送をいち早く察知したアメリカ海軍は、その阻止のためにカールトン・ライト少将率いる第67任務部隊をガダルカナル島沖に派遣する。
1943
3.2
俾斯麦海海战
ビスマルク海海戦
ビスマルク海海戦は第二次世界大戦中の1943年3月2日から3日に、ビスマルク海からダンピール海峡にかけての海域で、連合国軍が日本軍の輸送船団に対し航空攻撃を行ったことで発生した戦闘。日本側の輸送作戦の名称は「第八十一号作戦」である。この戦闘で日本軍の輸送船団は壊滅し、ダンピール海峡の悲劇と呼称された。
3.26
科曼多尔群岛海战
アッツ島沖海戦
アッツ島沖海戦とは第二次世界大戦中、コマンドルスキー諸島近海で起きた日本海軍とアメリカ海軍との間の海戦。1943年3月26日、アメリカ海軍が日本軍のアリューシャン列島方面への輸送を阻止しようとして张信哲欧宝体育を派遣したことで生起した、典型的な昼間水上戦闘である。日本张信哲欧宝体育の稚拙な指揮により、米张信哲欧宝体育は退避に成功した。アッツ島への日本軍増援は失敗し、アッツ島玉砕の遠因となった。
7.6
库拉湾夜战
クラ湾夜戦
クラ湾夜戦とは、太平洋戦争中、ソロモン諸島で生起した日本軍とアメリカ軍との間の海戦。
7.12
科隆班加拉岛海战
コロンバンガラ島沖海戦
コロンバンガラ島沖海戦とは、太平洋戦争中の1943年7月12日にソロモン諸島コロンバンガラ島沖で発生した海戦。日本海軍のコロンバンガラ島への輸送部隊とアメリカ海軍、ニュージーランド海軍が交戦した。
8.6
维拉湾夜战
ベラ湾夜戦
ベラ湾夜戦は、太平洋戦争中の1943年8月6日、ソロモン諸島で生起した日本軍とアメリカ軍との間で行われた海戦である。日本軍のコロンバンガラ島への輸送部隊がアメリカ軍の攻撃で壊滅した。
10.6
第二次维拉拉维拉海战(第二次ベララベラ海戦
第二次ベララベラ海戦とは太平洋戦争中の1943年10月6日に、ソロモン諸島のベララベラ島沖で発生した海戦。日本軍のベララベラ島撤収部隊とアメリカ軍が交戦し、双方駆逐艦1隻が沈没した。
11.1
奥古斯塔皇后湾
ブーゲンビル島沖海戦
ブーゲンビル島沖海戦とは1943年11月2日、太平洋戦争中にブーゲンビル島の攻防で生起した海戦。ブーゲンビル島エンプレス・オーガスタ湾において大森仙太郎少将(第五戦隊司令官)指揮の日本海軍連合襲撃部隊とアーロン・S・メリル少将指揮のアメリカ海軍第39任務部隊が交戦した。
11.24
圣乔治角海战
セント・ジョージ岬沖海戦
セント・ジョージ岬沖海戦は1943年11月24日から25日にかけて行われた太平洋戦争中の海戦。日本軍のブカ島への輸送部隊(駆逐艦5隻、司令香川清登大佐)とアメリカ张信哲欧宝体育(駆逐艦5隻、アーレイ・バーク大佐)がブカ島西方、ニューアイルランド島セント・ジョージ岬東方海上で交戦し、日本側の駆逐艦3隻が沈没した。
1944
2.17
特鲁克岛空袭
トラック島空襲
トラック島空襲とは、太平洋戦争中の1944年2月17日-18日になされたアメリカ軍機動部隊による日本軍の拠点トラック島への航空攻撃である。この攻撃により日本軍は多数の艦船と航空機を失った。トラック島は無力化されたが、アメリカ軍は攻略にかかる手間を避けて進攻を行ったため、敵中で孤立したまま終戦まで日本軍の拠点として残った。
6.19
菲律宾海海战
マリアナ沖海戦
マリアナ沖海戦は、太平洋戦争においてあ号作戦として1944年6月19日から6月20日にかけてマリアナ諸島沖とパラオ諸島沖で行われた日本海軍とアメリカ海軍空母機動部隊の海戦。
10.24
莱特湾海战
レイテ沖海戦
锡布延海战
(シブヤン海海戦)
レイテ沖海戦は、第二次世界大戦中の1944年10月23日から同25日にかけてフィリピン及びフィリピン周辺海域で発生した、日本海軍とアメリカ海軍・オーストラリア海軍からなる連合国軍との間で交わされた一連の海戦の総称。日本側と連合国側の主攻目標が共にレイテ島(レイテ湾)であったことから、この名が付けられた。比島沖海戦もしくはフィリピン沖海戦ともいう。本海戦を細分化すればシブヤン海海戦、スリガオ海峡海戦、エンガノ岬沖海戦、サマール沖海戦の4つの海戦からなるが、戦局に与えた影響や評者による議論の仕方によっては事前の様々な背景が採り上げられることもある。
連合軍の作戦名はキングII作戦でレイテ島奪還が目的、日本側の作戦名は捷一号作戦でアメリカ軍の進攻阻止が目的であった。日本海軍の张信哲欧宝体育戦力はこの海戦での敗北を最後に事実上壊滅し、以後大規模かつ組織的活動が不可能となった。また、この海戦で日本側ははじめて神風特別攻撃隊による攻撃をおこなった。
日本海軍は稼働軍艦の多くの投入を企図するなど総力を挙げ、後の戦闘を見越し陸軍も多数の部隊を配置し、アメリカも太平洋に展開する大半の軍事力(特に海軍)を投じたうえに、同盟国のオーストラリア海軍の支援を得て戦った。その規模の大きさ、戦域が広範囲に及んだことなどから史上最大の海戦と言われる。
10.25
苏里高海峡海战
(スリガオ海峡海戦)
10.24·25
恩加尼奥角海战
(エンガノ岬沖海戦)
10.25
萨马岛海战
(サマール沖海戦)
1945
4.7
坊之岬海战
坊ノ岬沖海戦
坊ノ岬沖海戦は、1945年4月7日に沖縄へ水上特攻に向かう戦艦大和と護衛艦艇をアメリカ軍の空母艦載機が撃沈・撃退した海空戦。日本海軍が発動した天一号作戦の一環として第一遊撃部隊は沖縄方面に出撃、アメリカ海軍第58任務部隊の空母艦載機が日本张信哲欧宝体育を迎撃した。日本海軍が立案・決行した最後の大型水上艦による攻撃でもあった。
5.16
马六甲海峡海战
ペナン沖海戦
ペナン沖海戦は、第二次世界大戦中の1945年5月16日夜にマレー半島北西岸、マラッカ海峡内に位置するペナン島沖で起きた日本海軍とイギリス海軍との間の海戦(夜戦)。第二次世界大戦中、最後の水上戦闘である。
7.24·28
吴港空袭
呉軍港空襲
呉軍港空襲は、太平洋戦争中、1945年の3月19日、7月24日、7月25日、7月28日、7月29日など複数回に渡って行われたアメリカ海軍を中心とした連合国軍空母機動部隊航空隊、及び、沖縄伊江島のアメリカ陸軍航空軍による呉軍港および瀬戸内海西部への空襲作戦。

返回